• Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
特集記事

何が問題なのかを知る

アメリカのFDAは厳しく正しいです。 ペットフードをお勧めする側に問題があります。 ・今ある使用しているフードを信じ過ぎてスペック以上の説明をする事実。 ・正しいレンダリングを理解すれば、ミールや鶏脂肪の事が良くわかります。チキンミールや鶏脂肪は人間用ではありません。ですからUSDA-FDAもペットフードに対してヒューマングレードと言う言葉を禁止している事実。 ・レンダリングがダメと言いながら乾燥肉(ミール)が良いと言う事は、数年前の間違った情報から正しい情報へ訂正できていない事実。 フードの製造方法や素材のクオリティに関して理解をしていない。当然です。企業秘密であり都合の悪い事は輸入元に伝えないので。レンダリングがダメと言いながらレンダリング工場で作られた物(ミールや鶏脂肪)は良いと言う矛盾は全体を把握していないから起こる事だと思います。 それにしても日本では乾燥肉(ミール)や鶏脂肪が安心で良いと言える感覚が謎ですね。 これらの事からジプシーを生んでしまうのです。 信じている側はミールや鶏脂肪を使用していても良いと思い込んでいますが、勧められた側は事実より低い商品なため、迷ってしまうのです。 正しいです情報を提供しましょう。 * USDA-FDAとは:USDA-FSIS(生肉など)以外の動物用医薬品、飼料 ペットフードなどに関わる事を管理する所です。現在ではペットフードに対してヒューマングレードと言う言葉を禁止しています。

本当のレンダリングを理解するべきです

本当のレンダリングを理解するべきです 鶏肉業者➡レンダリング工場➡ペットフード工場 *ペットフード工場はレンダリング工場から乾燥肉や鶏脂肪の素材を仕入れているため素材のクオリティーは把握できていない。さらにUSDA-FSISの管轄ではないので○○産などの原産国もわかりません。レンダリング製品(ミールなど)は高温で処理をすることから法律上、病気や菌に汚染されていてもOKとされています。生肉と法律も違います。ミールと生肉が同等になる事はあり得ません。 鶏肉業者➡ペットフード工場 *直接4D素材=「Dead:亡骸」「Diseased:病気」「Dying:亡くなる寸前」「Disabled:障害のある」がペットフード工場に直接持ち込まれることはほぼ無いです。従がって、プレミアムフードメーカーは必ず4D素材不使用と言っています。しかしレンダリング工場から素材を仕入れている場合は、目に見えない形でリスクを負う事になります。 鶏肉とミールを管理している組織は違います。仕入れ先も違います。勿論、品質は全く異なります。

ラウズは高タンパクですが他の高タンパクフードとは全く異なります。

ラウズは高タンパクですが他の高タンパクフードとは全く異なります。 アメリカで高タンパクがとても人気です。なぜ人気なのかは肉が必要な事をよく理解しているからです。(*細かい事は省略)。 しかしその一方で高タンパクはリスクがあると言う意見もあります。そのリスクとは何でしょうか? アメリカの研究家などとも話しますが、高タンパクにするためには、ミール(乾燥肉)を多く使用しなければ高たんぱくフードにならない為、ミールをたくさん使用します。しかしミールは高温で処理され良い素材だけを限定する事は不可能である事から、リスクが高くなると言っています。(乾燥肉については前の記事を参考にして下さい)製造工程の話です。 この(乾燥肉)ミールと鶏脂肪を取りすぎる事がリスクとされています。 ペットフードはミールを使用する事が当たり前と言う定義でタンパク質に対してのリスクを話しますが、その定義が違う場合はこの話は成り立たない事になります。 しかしなぜか日本ではタンパク質の質ではなく量が問題視されるケースがありますが、新鮮で良いタンパク質(脂肪を除く)を取りすぎて悪い事が起こる根拠はありません。逆にタンパク質が足りない場合の方が肥満や様々なリスクが高くなるケースを良く見かけます。 真実は量の話ではなく質の話だったのです。 ディハイドレイトの高タンパクと乾燥肉の高タンパクは同じものではありません。 ラウズは(乾燥肉)ミールと鶏脂肪を一切使用していません。 全く違う物です。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved