• Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
特集記事

古い情報で迷わないで下さい。

古い情報で迷わないで下さい。 猫は元々肉食だけど、最近はそうでもないと言う意見。 この意見の出どころは?どこですか? 決まっています。穀類業者や低タンパクを売りにするメーカーさんです。 このメーカーさんなどの洗脳を受けたショップさんはたちが悪いと思います。 どうして肉食のオオカミ、猫、トラ、ライオンなどが動物学的に最近肉食ではなくなってきていると言えるのでしょうか? 穀物入りフード➡グレインフリー➡生食系フードと進化をしています。 様々な理由があるから進化するのです。 研究に研究を重ねた結果、前の物が良いと言う事は栄養学的にはありません。 フードに関する考え方、製法、予防、治療、品質など新しい物にはかてません。 世界のでは70%以上がグレインフリーです。日本だけ穀物が良いと言う事自体が、もう無理な話で、何も分かっていない証拠です。又お肉が多いとダメという事は過去の話で、現在ではミール以外のお肉は多く食べさせた方が良いのです。高齢者でもお肉を多く食べる事が現在のスタンダードなのです。 コーン、豆、大豆などからタンパク質は取れますが、動物性タンパク質ではなく、似て非になる素材です。 毒ではないので瞬時に病気になりませんが、いずれかは病気になるリスクがとても高くなります。 結石、筋肉、血液検査、など肉食動物だからお肉を食べる事でバランスが取れる事が、植物由来のタンパク質ではバランスが崩れてしまうのです。 最新の動物栄養学の仕組みを知っていたら、低タンパクが良いなんて言えません。

犬猫の大敵は穀類だけではなかった。「中性脂肪編」

犬猫の大敵は穀類だけではなかった。「中性脂肪編」 フルーツと中性脂肪 基本的に肉食動物にフルーツは必要ないと言う事です。 脂肪の多いフードに対してとくにです。 人も犬もそうですよ。フルーツは中性脂肪を上げてしまいます。最新の栄養学では中性脂肪とフルーツの相性が悪いことがわかりました。 人間よりもお肉を多く必要とする動物(脂肪分が多い食事)がお肉とフルーツを接種してしまうと中性脂肪が上がってしまうと言う事です。 野生動物は毎日食事ができない事もあり高脂肪でも良いとされていましたが、毎日ご飯を食べる事の出来るペットたちはフルーツ類もいりませんし、脂肪の保証分析値15%未満の脂肪で完璧なのです。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved