検索

生食(ローフード)を始める方法


生食(ローフード)を始める方法

近年、犬の愛好家の間でローフードが話題になっています。しかし生食のメリットについて聞いたことがあるが、どこから始めればよいかわからない場合は、下記のリストを参考にして下さい。犬猫に生の食事を与えることの長所と短所、および健康的で完全な給餌プログラムを開始および維持する方法について説明します。


  • 犬のローフードとは何ですか?

  • 生食はどのように作られる?

  • 犬のローフードで何を探すべきか

  • 生の食事療法の長所と短所

  • ローフードの背後にある研究

  • ローフードはあなたの犬に適していますか?

  • 生の食事療法を始める方法

  • RAWZ:生餌を与えるための次善の策


犬のローフードとは何ですか?

ローフードとは「生食」を意味します。通常、生鮮食品、未調理食品、未加工食品を指す広義の用語ですが、フリーズドライまたはやディハイドレイト、風乾したものも含まれます。

動物性タンパク質(通常は筋肉の肉)、臓器、食用の骨、繊維源を含むものです。


生食はどのように作られる?

ここでの議論では、高熱処理を使用せず、生、冷凍、凍結乾燥、または風乾のいずれかで提供される生の食事に焦点を当てます。犬の典型的な生の食事には、赤身の牛肉、鶏の首、卵、臓器の肉、ブロッコリー、ケール、ブルーベリーなどの生鮮食品が含まれます。

*野菜やフルーツが必要だとお考えの方はトッピングとして与える必要があります。高温処理、加工された野菜やフルーツの栄養価はほとんど無くなっています。

自家製であろうとパッケージ済みの購入であろうと、これらの食事には、完全でバランスの取れたものと見なされるために必要な必須ビタミンと栄養成分が含まれている必要があります。一般的に、犬猫に最適な食事には以下が含まれている必要があります。

動物性タンパク質:健康な体の構造を構築し維持するために不可欠な重要なエネルギー源。たんぱく質は犬の体内に保存できないため、たんぱく質が豊富な定期的な食事の形で絶えず補充する必要があります。

水:水分補給はすべての生物にとって重要です。犬は常に清潔で新鮮な水を利用できるはずですが、食べ物から水分を補給できればさらに良いでしょう。生の食品には、犬が適切な水分補給レベルを維持するのに役立つ水が自然に含まれています。

健康的な脂肪:脂肪は犬の皮膚が乾燥するのを防ぎ、内臓を保護し、体温を調節するのに役立ちます。赤身の肉、卵、魚油は健康的な脂肪の優れた供給源です。

アミノ酸:アミノ酸はタンパク質の構成要素であり、健康な筋肉量を維持するために重要です。

カルシウム:生の食事では、犬は骨からカルシウムを受け取りますこれにより、犬は強い骨や歯を作ることができます。

鉄:鉄は血流全体に酸素を運ぶのに役立ちます。

亜鉛:適切な亜鉛レベルで、犬は怪我からのより速い治癒時間を経験することができます。

ビタミンA、D、E、K、B12:ビタミンは、他の栄養成分を処理する際の体の「ヘルパー」です。これらのビタミンの適切なレベルは、体がカルシウムとリンを吸収して調節し、血栓を防ぎ、免疫系を強化し、神経系を維持するのに役立ちます。

犬猫のローフードで何を探すべきか

犬猫に生食を与えることが彼らの健康に最適であると判断し商品選びをした際、どのような要素を考慮にする必要がありますか?


現時点で生食系のドッグフードがとても良いと思っていても、続けて与えなくては意味がありません。また、基本的に生食と言われるペットフードはとても高価格ですが、生食だからといって品質が高品質ということではありません。新鮮な肉は生の食事の非常に大きな部分を占めるため、食材が高品質であり供給場所がはっきりしているかを確認する必要があります。メーカーはあらゆる調達情報を提供でき、インターネット検索によりリコールが明らかになります。


最後に、これは重要です。すべての市販のドッグフードパッケージには、米国飼料検査官協会(AAFCO)からの栄養的妥当性の声明を記載する必要があります。これにより、フードが犬に適切な栄養を提供することが確認できます。


生の食事療法の長所と短所

生の食事には長所と短所があります。犬猫を安全にローフードに移行するためのヒントについては、この記事の後半で説明しますが、ローフードの最も一般的な長所と短所は次のとおりです。

長所:

  • より高い栄養価

  • より良い体重管理

  • タンパク質のより高い消化率と生物学的利用能

  • 消化の改善より良い水分補給

  • より健康的な肌とコート

  • アレルギー症状の軽減

  • 便を良くする

短所:

  • ドライフードより使い勝手が便利ではありません

  • より高いコスト

  • ペットと人間の両方に対する細菌汚染のリスクの増加


ローフードの背後にある研究

生の食事が調理された食事よりもあなたの犬に良い栄養を提供する理由は明らかであるように思われるかもしれませんが、犬の親が知っておくべき重要な研究がいくつかあります。

生または最小限に加工されたドッグフードの広告には、多くの場合、自然界のオオカミの映像が掲載されているか、「自然」、「生物学的に適切」、「自然が意図したとおり」などのフレーズが表示されます。これはすべて、獲物モデルの食事(80%の肉、10%の生の食用骨、10%の臓器)が犬に最適であることを伝えるためのものですが、本当ですか?

まず、レンダリングされた材料を含む調理済みの高度に加工された食品とは別に、ローフードを設定するものを見てみましょう。グレッグ・アルドリッチ博士カンザス州立大学のペットフードプログラムのリサーチアソシエイト教授であり、現代のペットフード加工の栄養的影響を判断することに研究を集中させてきました。熱がペットに対するタンパク質のバイオアベイラビリティにどのように影響するかに関する2012年の研究で、アルドリッチ博士はPER(タンパク質効率比)値を使用して、動物が摂取したタンパク質を新しい組織に変える効率を測定しました。彼は、ディハイドレイトを鶏肉ミールと比較することにより、肉のタンパク質効率が98%から58%に低下し、ほぼ60%の損失になることを発見しました。摂取したタンパク質を動物が使用できない場合は、廃棄物として処理する必要があるため、この研究は特に重要です。したがって、生または加工の少ない食品は、エネルギーや新しい組織に変換できる無傷のアミノ酸を含む、より有用なタンパク質源を提供します。

ローフードはあなたの犬に適していますか?

生の食事はあなたの犬に最適な栄養を提供します。ただし、ローフードを正しく与えるには、自宅でレシピを準備するときにかなりの栄養知識が必要です。ほとんど一般に方には難しいと言えます。また市販の生食を購入している場合でも、ローフード生活に適応するには時間とお金がかかります。

  • 一度にどれくらいの量の食べ物(または何回の食事)を準備または解凍する必要がありますか?

  • 準備の時間と冷蔵庫のスペースはありますか?

  • 自分で食べ物を作る場合、必要なすべての材料を保管するための冷凍庫または冷蔵庫のスペースはありますか?

  • 犬と一緒に旅行することがよくありますか?もしそうなら、どのようにあなたは彼らの食べ物を凍らせたり、最低でも5度以下に保つ事はできますか?

犬は人間よりも消化管が短いため、食品由来のバクテリア(サルモネラ菌や大腸菌など)による有害な影響を受けにと言われていますが、リスクは伴います。さらに、人間は犬猫よりも感染しやすいのでとても気を付けないといけません。相互汚染を防ぐために、自分で食事の準備をする生肉を扱った後と同じように、手、ボウル、およびすべての物を洗ってください。

一部の犬には、生の食事と互換性がない可能性がある、または追加の考慮が必要な可能性がある既存の健康上の問題があります。たとえば、腎臓病の犬は、非常に高品質のタンパク質と高レベルのリンの調整を必要とします。詳細については、腎臓病の犬のためのローフードのガイドを確認し、追加のガイダンスについては動物栄養士に相談してください。


生の食事療法を始める方法

あなたはあなたの犬に生食を与えることに決めました。どこから始めますか?

明らかに、完全でバランスの取れた生の食事は、必要な栄養素がすべて入っている事を意味します。生食のレシピを準備するときに必要なすべてのビタミンとミネラルを必ず含める必要があります。正しいビタミンとミネラルが犬の短い消化管に吸収されるようにするために、サプリメントが必要になることがよくあります。とても専門的な知識が必要です。

消化不良は、犬が果物や野菜全体を処理できない結果である場合があります。このため、生の食事に組み込む場合は、農産物をブレンドする必要があります。臓器の肉はまた、ビタミンやいくつかのミネラルの素晴らしい供給源になる可能性があります。最も重要なミネラルの1つはカルシウムです。これは主に食用の骨に由来します。犬の生の食事の10〜15%は生の骨である必要があります(子犬は12〜15%が必要ですが、骨は柔らかく、および/または細かく砕かなければなりません) )。

生餌への切り替えは消化の問題を引き起こす可能性があることに注意してください。これは通常、犬が生の食事または混合食を一貫して食べるまで、7〜10日間にわたって犬の現在の餌に生の餌を追加することで管理できます。(加工されていない食事を食べた子犬や犬は、生の食事に早く順応するようです。)動物栄養士または栄養に焦点を当てた獣医は、移行を容易にし、犬が快適に過ごしながら適切な栄養を摂取できるようにするのに役立ちます。


RAWZ:生餌を与えるための次善の策

予算が限られている、時間が限られている、旅行中、サルモネラ菌などのリスク回避、ビタミンミネラルの配合量に自信がない、タンパク質量に自信がない場合、犬が毎回完全でバランスの取れた食事をとれるようにしたい場合は、RAWZのドライレシピは、ローフードの完璧な生食同等(代替)として使用できます。

レンダリングされた成分を含まない製品を作成するという私たちのコミットメントにより、RAWZは最高のものだけが実行できる理想的なソリューションです!


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示