本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved

ラウズ VS 生食

ラウズを生食のクオリティーと比較するとき、生食のタンパク質プロファイルとラウズのタンパク質プロファイルは同等です。脂肪分は約半分の量です。

タンパク質

分析

ラウズ

VS

​生食

脂肪分析

ラウズ

VS

​生食

ご存知の通り、肥満はコンパニオンアニマルに対して1番の健康問題です。ラウズの違いは毎日の生活に対して脂肪分がとても少ない量で済むと言う事です。

健康的な食生活には最適な脂肪分量が含まなければなりません。脂肪は良いエネルギー源で、体が脂溶性ビタミンを利用することを可能にします。動物は輝く毛、健康な皮膚、および他の潜在的な健康上の問題を避けるためにはいくらかの脂肪が必要であります。

アメリカでは60%の犬が肥満とされていて、日本でも多くの肥満で悩んでいるコンパニオンアニマルがいると言われています。高すぎもしない、低すぎもしない最適な脂肪量が必要とされています。何が正しい量なのでしょうか?答えは「時と場合による」です。全ての犬猫は違います。又、脂肪量だけで物事は考えられません。健康的な食生活には最適なタンパク質、脂肪、繊維、および炭水化物を含む素材を最小限に調理した食事が大切です。ラウズで使用している脂肪分は元々鶏肉や魚に含んでいる使用分だけを使用しています。肉と脂肪を分ける処理をした脂肪(レンダリング素材)は使用していません。

ディハイドレイテッドチキン VS 乾燥肉

ラウズ

VS

乾燥肉

P.E.R

分析

全てのタンパク質は同じように作られている訳ではありません。タンパク質効率比(P.E.R)はタンパク質源の栄養価を計ります。タンパク質のP. E. R.値がより高いほど動物により有益です。

ラウズは使用する濃縮したタンパク源として、ディハイドレイテットチキンだけを使用します。このディハイドレイテットチキンはUSDA、FSISより承認された素材を使用しています。ミールと比べてとても高いP.E.R値(タンパク質効率比)です。特殊な製法とても低い温度で調理する事により、もともと素材が持っているタンパク質とアミノ酸を壊しません。

チキンミール(乾燥鶏)、ターキーミール(乾燥七面鳥)、ラムミール(乾燥ラム肉)のようなレンダリングミールはコスト面でも経済的で濃縮したタンパク源としても良いのですが、ディハイドレイテットチキンは、最高品質の中でもはるかに優れた濃縮したタンパク源として確認されています。

 

P.E.R. Levels Source: Kansas State University 9/27/2012
Treatment mean values from chick protein efficiency growth assay/ 70g protein per 100g of dehydrated chicken