ペットフードのここがわからない。なぜかわからない.

ペットフードのここがわからない。なぜかわからない.

色々な事を現地で情報収集した結果、ここに問題がありました。

1、4D素材のようなレンダリング素材は不使用でヒューマングレード素材を使用。と言っているペットフードはたくさんあります。

しかしこれらが、なぜFDAと言っている事と違うのか調べました。メーカーが言っている事はペットフードを作る工場で素材を混ぜ合わせる時に4D素材のようなレンダリング素材は不使用と言う認識ですが、仕入れた素材自体がレンダリングで4Dが混ざっているかどうかは、100%確認が取れません。そうです。すでに加工された素材を仕入れているので、確認の方法が無いのです。確認の方法は一つです。ミールと鶏脂肪を作る工程を知る事です。さらに質問をメーカーに聞くのではなく、原材料の会社に聞くべきです。

そして聞くとこうなります。

・ミールや鶏脂肪を製造している会社はこの素材自体を人が食べられると言っているのでしょうか?原材料の会社はそんな事は絶対に言えません。これが答えです。

ほとんどのメーカーは原材料の事は気にしていません。気にすることは原材料をどのように混ぜ合わせるかだけです。

乾燥肉や鶏脂肪と書いてあっても平然と安全と言っているわけです。

ここが法律のないペットフードの怖いところです。

お解りですよね。ほとんどのペットフードは製造業であり、製造に責任は持ちますが、素材は素材業者が責任を持ち、認識が全く別なのです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved