本当のレンダリングを理解するべきです

本当のレンダリングを理解するべきです

鶏肉業者➡レンダリング工場➡ペットフード工場

*ペットフード工場はレンダリング工場から乾燥肉や鶏脂肪の素材を仕入れているため素材のクオリティーは把握できていない。さらにUSDA-FSISの管轄ではないので○○産などの原産国もわかりません。レンダリング製品(ミールなど)は高温で処理をすることから法律上、病気や菌に汚染されていてもOKとされています。生肉と法律も違います。ミールと生肉が同等になる事はあり得ません。

鶏肉業者➡ペットフード工場

*直接4D素材=「Dead:亡骸」「Diseased:病気」「Dying:亡くなる寸前」「Disabled:障害のある」がペットフード工場に直接持ち込まれることはほぼ無いです。従がって、プレミアムフードメーカーは必ず4D素材不使用と言っています。しかしレンダリング工場から素材を仕入れている場合は、目に見えない形でリスクを負う事になります。

鶏肉とミールを管理している組織は違います。仕入れ先も違います。勿論、品質は全く異なります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved