本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved

アレルギーに対して

June 2, 2017

アレルギーに対して

アレルギーに対して正しいく判断できていますか?

鶏アレルギーだから、鶏はダメと思う事が正しいとは思いますが、ペットフードとなると話は別です。

1、ペットフードに使われる鶏
・生肉・乾燥肉(ミール)・鶏副産物・鶏4D・鶏脂肪と一言で鶏と言いますがペットフードの場合、区別がつきにくいです。生肉以外の素材はなんらかの加工が加えられていて、抗体を持ちやすいと考えています。現に世界中で鶏は良く食されていますがなぜペットだけが鶏アレルギーを爆発的に持っているのでしょうか?疑問を持つべきです。アレルギーを語る際には素材の質は全て無視されて、粗悪な素材でも何故か鶏は全て同じ定義(質は関係なく)で説明されます。人間の場合はスーパーにある素材は厳しいルールがある以上、品質は保証されているのでいちいち考えなくても良いのですが、ペットは全く別です。ペットのアレルギーの説明で人が人に説明する際にどうしても人間用の環境をイメージして理解しがちですが、実験とは異なります。アレルギーの定義自体は正しいのですが、そこに素材の質と言う概念がない事を正したです。

2、たんぱく質をかえる?
1番の内容が理解できていない場合は、タンパク質を買えても、製造方法、使われる部位、栄養学の考え方が変わらないので抗体ができるまでの一時的な方法に過ぎません。ローテーションを進めていましたが、現代では間違いです。

3、鶏は鶏でも結果は違う
人間でお話しします。仮に1ヶ月毎日新鮮な鶏を食べた場合、栄養バランスは抜きにして、アレルギーになるかと言うとそうでは無いと思います。
では乾燥肉を食べた場合はどうでしょう?
*実際には乾燥肉は人間用ではなく食べる事は認められていませんが仮の話です。
製造工程、温度管理、衛生面、法律的な面から考えてもなんらかの影響は出るリスクが非常に高いと思います

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ラウズナチュラルフード

October 24, 2016

1/1
Please reload

最新記事

April 10, 2019

March 18, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square