ペットフードの色の違いについて考えてみる

ペットフードの色の違いについて考えてみる

従来のフードの定義

穀物が多いフード=色が薄い

タンパク質が多い=色が濃い

なぜこのようなことが起こるのか?一般家庭で鶏肉を調理しても鶏はペットフードのように濃い焦げ茶色にはなりませんよね。

なぜかと言いますと乾燥肉(ミール)は既に色が黒いので、高タンパクにすればするほど色が黒くなると言う仕組みです。逆に穀物フードはこのミールの量が少ないので色が薄くなると言う事です。どちらも問題ですね。

しかしラウズの様な新しいフードは色々とリサーチをすると違います。

タンパク質が40%以上もあるのに粒の色が薄いのです。今までのペットフードの定義があてはまりません。

レンダリング素材(乾燥肉、ドライチキン、ミールなど)を使用せずタンパク質を40%以上にすると言う事はこういう事なのです。

今までのナチュラルはナチュラル風なだけで、本物ではないですね。

従来の考え方でナチュラル(自然のままの食事)を再現するには限界があり、発想を変える必要があります。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

本サイトにおいて使用されている画像・文章・動画等の無断使用を堅く禁じます。

© 2018 Activebeautylab All rights reserved